スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練成の順序

■てんぷら粉

練成したあとは、てんぷら粉(耐久強化粉)が使えないというルールがあります。

このため、練成品を作る場合、手順に注意が必要です。

てんぷら粉は、練成の前に使います。

先強化の場合は、
作成→てんぷら粉→練成

後強化の場合は、
作成→てんぷら粉→練成→強化

となります。
単に、作成後,練成前にてんぷら粉を使えばいいだけです。


■練成手順

てんぷら粉を使ったあと、いよいよ練成に入ります。

・練成成功率は、合計強度が上がるほど低くなる
・練成に失敗すると、魔法素材と宝石は失われるが、特殊素材は失われない

これを踏まえた効率のよい練成手順というのがあります。

まず、最初は、成功率が高いので、
高価なレリックの破片を必要とするプロパを練成します。

レリックの破片を使うプロパが複数ある場合は、
多くのレリックの破片を必要とするプロパを優先します。

レリックの破片の入手の難しさに比べたら、
魔力化エキスや魔法の残骸の入手難度は大きな問題でもないので、
それ以外のプロパについては、あまり順序は考えなくてもいいと思います。
もちろん、素材の在庫や狩りキャラの素材調達能力によっては
練成順序を意識したほうがいいこともあるかもしれません。

少しでも安くしたい人は、
ダイヤモンドなどの高価な宝石を使うプロパを先に練成するのもいいと思います。


■武器の練成

武器の高品質アイテムには、ダメージ35や40がつきます。
この状態で最初にダメージ1を上書き練成することにより、
全体の合計強度が下がり、練成成功率を上げることができます。

レリックを使うプロパがいくつかあるような場合は、
ダメージ1を練成→レリックのプロパを練成→ダメージを練成
という手順でおこなえば、レリックの節約になります。


Trackback

Trackback URL
http://uospec.blog119.fc2.com/tb.php/22-cf5dcfee

Comment

Comment Form
公開設定

カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。