スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルニックを使う

ルニックを使って練成のベースを作成する方法があります。

武器と防具でルニックを使う意味は異なりますが、
いずれにしても、不必要なプロパがつきにくい低級ルニックが好まれます。


■武器の場合

ダルルニックハンマーなどの低級ルニックを使って、
特定のプロパを狙うことで、特殊素材の節約ができます。

詠唱可やベストウェポン、FCといったプロパが狙いやすいです。


■防具の場合

普通の練成だと、
抵抗は、基礎抵抗 +15(+後強化分の抵抗)までしか上げられません。
ルニックを使えば、この限界の壁を突破できることがあります。

たとえば、ルニックを使用しないで皮防具をB皮で作ったとき、
エネ抵抗は、先強化で18、後強化でも22までしか上がりませんが、
ルニックを使用すれば、下の画像のような抵抗がつくことがあります。

uos1521.png
(Sルニ使用)

ちなみに、画像のアイテムの練成強度は、
プロパ数 3 合計強度 332 です。

炎抵抗 16 強度 106
エネ抵抗 24 強度 160
スタミナ回復 2 強度 66
合計 332

炎とエネ抵抗が練成の上限を超えて付加していることがわかります。


※ルニックを使用して防具を作る際、以下のデメリットがあります。

通常の高品質アイテムの高品質ボーナス 15
ルニックで作った高品質アイテムの高品質ボーナス 6

ルニックは、局所的に高抵抗が狙える反面、
その他の抵抗は通常作成よりも低くなりがちです。


スポンサーサイト
カテゴリ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。